おなかポッコリタイプの特徴

Fotolia 16867144 XS おなかポッコリタイプの特徴

おなかポッコリタイプの便秘は、文字通りお腹がポッコリと出てしまう症状です。
見た目にもわかりやすいので、自覚もし易いと思います。

通常であれば、腸はおへそから下腹部にかけて伸びています。
しかし、おなかポッコリタイプの人の多くは腸が下に下がっていのです。
このせいで下腹部に便やガスが溜まり、お腹がぽっこりと出っ張ってしまいます。

この便秘の症状は日本人にとても多いそうです。
元々は食生活や生活習慣が原因で便秘になってしまった人が、どんどん便が溜まり、腸が下へ垂れさがり、どんどん便秘が悪化してしまう事が原因です。

腸内に便が貯まると、排出する事が出来なかった腐敗物がガスとなって発生します。
その為おならの回数が増えてしまったり、臭いも酷くなる事が多いでしょう。

手足や他の部位は細いのに、お腹だけ何故かポッコリとしている人はおなかポッコリタイプの便秘が原因かもしれません。

おなかポッコリタイプの便秘は、便秘改善の為に食生活改善やサプリメントをする事も大切ですが、お腹のマッサージをする事も大切です。
腸内環境が荒れ、腸の位置もずれてしまっている事が多いのでしっかりとマッサージをして腸の位置を戻す事で、ポッコリお腹が改善するかも知れないのです。

数ある便秘の症状の中でも悩んでいる人が多く、その割には努力次第で解決しやすい便秘だと思います。
ポッコリお腹をダイエットで改善したいと思っている人も入るかも知れませんが、便秘を改善するだけでポッコリお腹が解決するかも知れませんね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ