どうしても出したい時の浣腸

3aaee06620f7bdc9f883d30a76cc2620 どうしても出したい時の浣腸

一度便秘になってしまうと、長期間継続してしまう事も多いですよね。
そんな頑固な便秘の最終手段が、浣腸なのではないでしょうか。

浣腸は、さまざまな種類の物がありますが、肛門から直接薬等を注入して、強制的に便意を促すのが一般的な浣腸でしょう。

確かに浣腸は強制的に便秘を改善する事が出来ますが、頻繁に行うと肛門や腸内環境が荒れてしまう場合が有ります。
最終手段としては良いかも知れませんが、頻繁にやり過ぎない様にして下さい。

浣腸は、薬局で販売されている商品が主流です。
しかし、お湯を肛門から注ぎ込むだけでも十分効果を発揮してくれるそうです。

お湯での浣腸の良い所は、薬ではなくお湯なので副作用もなく、安心して繰り返し行う事が出来ると言う点なのではないでしょうか。

お湯浣腸のやり方はとても簡単です。
まずは、適温のお湯を用意します。
一度沸騰させてから、ひと肌に触れても大丈夫な温度まで冷まして下さい。

次に、沸騰させたお湯を、ペットボトル等の容器に移します。
水を入れる等して適温に調節して行きましょう。

程良い温度になったら、浣腸を始めます。
浣腸をする容器は、いちじく浣腸の容器を再利用するのが一番良いでしょう。
もしなければ、100円均一等でスポイトを購入して行っても良いと思います。

その後は容器から肛門へお湯を注入するだけで浣腸は完了です。
少しずつ、適度に便意を我慢しつつ浣腸をする事でより高い効果を実感できるでしょう。
すぐに便意を感じる事も出来ますし難しくも無いので、便秘に悩んでいる方は実践してみても良いかも知れませんね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ