のいばらの実は便秘に効く?

noibaranomi のいばらの実は便秘に効く?

のいばらの実は、便秘に効果があることから、民間療法として利用されています。
そのまま食べるよりも、よく乾燥させてから煎じて飲むという飲み方が多いです。

量としては、10粒程度で効果が発揮されるとされており、グラムで言うと2~5グラム程度を服用します。
自生していることも多く、簡単に増やすこともできる植物なので、のいばらの実は入手しやすいです。

ただし、即効性が強く、安易に大量に服用してしまったり、扱い方を間違うと強い副作用が出てしまうことも少なくありません。
自分で煎じて飲む場合には、薬剤師や医師など、専門家にやり方をよく相談してから服用することが必要だとされています。

また、のいばらを利用した便秘解消商品も多く販売されています。
例えば、ノイバラ茶であったり、サプリメントや漢方などでも利用されます。
専門の人がしっかりと作ってくれているので、こういった製品に関しては、用法要領を守っていれば安心だと言えます。

胃の健康を保つ効果もあり、健胃薬としても使われています。

それと、のいばらには、便秘解消の他に、利尿効果もあります。
水分が対外に排出されてしまうので、しっかりと水分を補給して、便秘に再度ならないようにすることも重要となります。
お茶などにしてあることが多いのも、一緒に水分を補給するのが目的の一つとなっています。

にきびや腫物、むくみなどにものいばらは効果があるとされており、お酒に使われるなど、様々な効果があります。
ローズヒップの一種でもあるので、スキンケア用品に使われることもあります。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ