便秘にはどんな種類がある?

5c72802d7f586f42c6625bc5587ff7c1 便秘にはどんな種類がある?

便秘は大きく分けて、急性便秘と慢性便秘があります。
突然起こる便秘が急性便秘で、徐々に症状が進行するものを慢性便秘と言うのです。

旅行等のちょっとした日常の変化やダイエット等、ふとした些細なきっかけで便秘になるものは、急性便秘というのです。

また、急性便秘と慢性便秘も更に細かく分類する事が出来ます。

急性便秘は、一過性単純性便秘と症候性便秘に分ける事が出来ます。

一過性単純性便秘は、何かしらのきっかけによって起こる便秘です。
その為、その原因を取り除く事で簡単に改善する事が出来るでしょう。

ダイエットによる急な便秘、ストレスや妊娠等の便秘が該当します。

症候性便秘は、病気による便秘が多いでしょう。
特に、急に酷い状態になる便秘に多いのです。
腸閉塞、腸ねん転の可能性が高いでしょう。

慢性便秘は、症候性便秘と常習性便秘に分けられます。
常習性便秘はそこから更に、結腸性便秘と直腸性便秘、そして痙攣性便秘に別れるのです。

結腸性便秘は、腸のぜん動の動きが弱い為起こる便秘です。
高齢者に多く見られる便秘で、便を押し出す力が無い状態なのです。

直腸性便秘は、便意を感じにくくなっている状態の便秘です。
便意を感じてもトイレに行かない、便意を我慢する等が原因で起こります。

痙攣性便秘は、ストレスや緊張しやすい人が起こりやすい便秘なのです。
腹痛を伴う事が多く、残便感が残るでしょう。

最後に症候性便秘です。
これは慢性便秘ですが何かしらの原因によって起こる便秘と言えるでしょう。

大腸ポリープを始め、大腸の病気が原因の可能性が高いのです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ