便秘の症状には4タイプある

Fotolia 54884357 XS 便秘の症状には4タイプある

便秘は、大きく分けて4つの種類があります。

一言に便秘には様々な症状が有りますよね。
自分自身の便秘の種類を知る事で、対策を取る事が出来るでしょう。
種類別の改善方法を取る事は便秘改善にはとても大切な事なのです。

例えば、下腹が出てしまっているポッコリお腹タイプの便秘です。
下腹に便秘が溜まっていると、この状態になります。

便カチカチタイプは、便が固く排泄しにくいせいで便秘になってしまう便秘です。

排泄困難タイプは、排泄をしたいと言う意思はあるのになかなか出てこないタイプの便秘です。

最後に、便意ナシの便秘です。
これは便意を感じず排便をする気が無いため起こる便秘の症状です。

自分自身の便秘の症状を見直して、自分はどのタイプの便秘なのかを考えて見ては如何でしょうか。

実は、この種類の他にも、便秘の分類があります。
急性便秘と慢性便秘です。

急性便秘は数日間で急にお腹が張り便秘になってしまう症状の事を言います。
急性の便秘はここから更に種類が分かれ、病気が原因で便秘になってしまうパターンと、生活習慣や食生活、
ダイエット等何かしらの原因で一時的に便秘になってしまう物の事を言います。

慢性便秘は、常に便秘に悩まされている状態の事を言います。
便秘と言う物は、原因を知る事で対策を取り改善をする事が出来ますよね。
しかし、年単位で定期的に便秘になってしまう人は慢性便秘に分類されるのです。

自分の便秘の症状を見直し自覚をする事は、便秘改善に欠かせません。
今一度、症状を見直してみませんか。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ