冬に便秘になる原因

fuyu 369x350 冬に便秘になる原因
冬に便秘になる原因としては、まず、あまり動かなくなるという点があります。
腸のぜんどう運動は、歩いたり運動したりすることで促進されます。
冬は外気温が低く、家の中にいることが多くなり、運動を控える人が増えるので、ぜんどう運動が行われる機会が減ってしまいます。
そうなると、便秘になってしまうことも多くなるので、しっかりと冬にも体を動かすことが必要になります。

それと、冬に便秘が多くなる原因として、体が冷えて腸などの機能が低下するという点があります。
内臓は、冷えなどに非常に弱く、冷えてしまうとすぐに機能が低下してしまいます。
冬は気温が低いので、体が冷えることも多くなり、便秘の原因となります。

さらに、冬は野菜などが値上がりしがちだという点も影響しています。
冬の野菜は値段の高いものが多く、あまり野菜を食べないようにするという人も出てきます。
野菜不足になると、便秘になることも多くなるので、冬でもある程度野菜を摂取する必要があります。

冬には、水分が不足気味になる点も影響しています。
夏は喉が乾くことが多いので、積極低に水分補給を行ないます。
しかし、冬には水分補給を怠りがちになるので、体が水分不足となり、便秘の原因となってしまう人もいます。
冬にも、あたたかいスープなどで、しっかりと水分補給をしてやる必要があると言えるでしょう。
利尿作用のある飲み物を飲みすぎると、便秘になってしまうこともあります。
お茶などにも利尿作用があるので、あまり冬にお茶を飲みすぎるのも腸に良くないとされています。

このように冬に便秘になりやすいのは、第一に活動量の低下が原因す。冬は食べ物も美味しい季節ですが、食べるばかりでなく、軽く身体を動かすなどして冷えに注意しましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ