夏に便秘になる原因

himawari 371x350 夏に便秘になる原因
夏に便秘になる原因としては、まず、水分不足があります。
汗をかくことが多い季節なので、体に水分量が少なくなってしまいます。

水分量が少なくなると、便が硬くなってしまい、うまく排便されないという事態を引き起こします。
こまめに水分補給するなどして、体が水分不足にならないように気をつける必要があります。

また、夏は外が暑いので、外に出る機会が減ってしまいます。
外に出る機会が減ると、体を動かす機会も減るので、腸が動くことも少なくなってしまいます。
運動も暑いので行わなくなる人が増え、それが夏の便秘の原因となることが多いです。

さらに、家の中などで冷房を使うと、自律神経が乱れ気味になる点も夏の便秘に影響しています。
冷たい部屋と暑い部屋を行き来したり、家の中と外を行き来した場合、その温度差に対応できず、自律神経が乱れてしまいます。
特に、冷房を効かしすぎている場合には、自律神経が乱れやすいとされています。
冷やしすぎないように注意して、冷房を使う必要があると言えるでしょう。

それと、夏には栄養バランスが偏りがちな点も、便秘の原因となっています。
ソーメンや冷やしうどん、カキ氷など、冷たいものを食べる機会が夏には多くなります。
野菜不足になってしまったり、便秘になりやすい食品ばかり食べてしまうこともあります。
冷たいジュースを一気に飲んでしまい、胃腸が弱ってしまう機会も多くなります。

このように、夏は便秘になりやすくなってしまうので、しっかりと生活習慣に気をつける必要があるでしょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ