季節による環境変化が便秘に影響する?

Fotolia 38712636 XS 292x350 季節による環境変化が便秘に影響する?
季節による環境変化が便秘に影響することはあります。
例えば、季節によって食べるものが違ってくるので、その分便秘になりやすい確率も違ってきます。

冬であれば、穀物類を多く食べたり、夏であればソーメンなどの麺類が多くなるなどの傾向があります。
食物繊維があまり入っていないものを多く食べる季節には、便秘になりやすいことがあると言えるでしょう。

さらに、体内水分量が便秘に影響する部分は大きいです。
夏には水分不足になりやすい人が多く、便が硬くなりがちなので、便秘になりやすくなります。
こまめに水分補給をするようにして、便秘を防ぐことが重要になります。

また、外気温の影響で、トイレに行くのが面倒だという人が冬には増えます。
トイレを我慢すると、便秘になってしまうことが多いので、冬でもしっかりとトイレに行くことが重要です。
トイレ用のヒーターなども出ているので、そういったものを利用してトイレに行きやすい環境を作っている人もいます。

それと、冬場は外であまり活動しなくなる点も便秘になりやすくなる要因です。
便を出すには、しっかりと体を動かして、腸も動かしてやることが重要です。
真冬や真夏など、外に出ることが少なくなる時期には、部屋の中で少し運動するなど、注意が必要になってきます。

その他、春には生活環境が変化しやすいことから自律神経が乱れ気味となります。
そういった時にも便秘になりやすいとされているので、しっかりと自己管理をすることが大事と言えます。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ