排便困難タイプの特徴

e12c23aa0265f7333e828104bca6e638 排便困難タイプの特徴

排便困難タイプは、排便をしたいと言う気持ちはあるのに便を出す事が出来ない便秘です。

便意を感じたり腹痛を感じてトイレに行っても、なかなか便を排出する事が出来ない便秘はこのタイプに分類されます。
これは、腸の機能が弱まっている事が原因なのです。

腸は、弾力があるお蔭で排便をする事が出来ます。
しかし、年齢と共に様々な機能は衰えてしまい、腸の弾力も低下してしまいます。
高齢者に多い排便困難タイプの便秘ですが、若い人でも起きる可能性も、勿論あります。

このタイプの便秘は、生活習慣を改善し腸内環境を整える事が大切です。
便秘の原因は、ほとんどが生活習慣です。

偏った栄養、食物繊維等を摂らず糖分や油分の多い物ばかりを食べていれば便秘になってしまうでしょう。
睡眠不足やストレス、体の冷えも便秘を悪化させてしまいます。
これらをしっかりと改善し、排便しやすい腸内環境を整えてあげる事が、一番の近道です。

また、乳酸菌の摂取もお奨めです。
乳酸菌を摂る事で腸内環境が綺麗に整い、排便機能を元に戻す事が出来るかも知れません。

そして、トイレに籠らない事も大切です。
便意が感じるのに出ない時は、頑張って出そうとしてトイレに長いをしてしまいますよね。
そんな状態で無理に出しても、痔になってしまったり体を痛めてしまう可能性が有ります。

出ないなら出ないで諦めて、次の機会に備えてゆっくりと腸内環境を整えて下さい。
無理に出さずに、自然の力に任せる事も便秘改善には大切なのです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ