水溶性食物繊維の働き

562d6465e2219afa2970c5298ed05b0c 507x350 水溶性食物繊維の働き

食物繊維は、水溶性食物繊維と不水溶性食物繊維があり働きが異なっています。

水溶性食物繊維の特徴ですが、水に溶やすい性質がありまして、水分を含むと粘り気を持った状態になります。
ビタミンなどの栄養素とは違い消化や吸収はされません。
しかしながら血糖値やコレステロールの上昇を抑える役割があります。

米やパンなどの炭水化物は、消化されるとブドウ糖になりまして、吸収されると血液によって運ばれますが、
この血液中にあるブドウ糖とを血糖と呼んでいます。
このブドウ糖が高い状態が高血糖と呼ばれますが、長い期間続いてしまうと糖尿病になる可能性が出てくるでしょう。

水溶性食物繊維を摂ると、食品の移動を緩やかにする為、炭水化物の吸収を抑制して、ブドウ糖が血液中に出てくるのを遅くする作用があり、
血糖値が上がるのを抑制して行きます。

またコレステロールやコレステロールから精製される胆汁酸を吸着する役割がありますので、コレステロールなどを身体の外に排出して、
脂質異常症や動脈硬化が起きるのを抑制します。

更に水溶性食物繊維は、大腸内の善玉菌の餌になりますので、善玉菌の活動を良くしていく役割もありますから、
多くの水溶性食物繊維を摂ると良いでしょう。

この為、水溶性食物繊維が不足している状態が続くと、糖尿病や脂質異常症、あるいは大腸炎などが起きてくる可能性が高くなります。
ただし水溶性食物繊維を摂り過ぎると下痢やミネラル成分を排出してしまう事になりますから、摂り過ぎも注意する必要が出てきます。

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ