秋に便秘になる原因

kouyou 秋に便秘になる原因
秋に便秘になる原因として、まず、空気の乾燥があります。
日本の夏はじめじめしていることが多いですが、秋になると空気が乾燥してきます。
そうなると、体内も乾燥しやすくなってしまい、便秘となりやすくなります。

気温は下がっているので、それほど水分を補給する必要がないと秋は思ってしまいがちです。
しかし、秋は空気が乾燥しているので、しっかりと水分を補給して便秘を防ぐ必要があります。

さらに、秋は食欲が増えることで、食習慣が崩れがちな時期なのも便秘になりやすい原因とされています。
食べ物がおいしくなり、食欲も出てくるので、ついつい暴飲暴食してしまいがちです。
暴飲暴食すると、胃腸が疲弊してしまったり、便秘になりやすくなります。

それと、秋になって気温が下がりはじめるのも、便秘と関係があります。
胃腸などの内臓は、温度の低下に関して抵抗力が非常に弱いです。
夏から秋に変わることで、一気に胃腸が弱ってしまい、便秘になってしまうこともあります。
腸が冷えるとぜんどう運動が弱くなってしまうので、それも秋の便秘の原因となっています。
お腹を冷やさないように気をつけたり、お風呂に入るようにするなどの対策が必要になります。

また、夏から秋に変わる時期は、夏の疲れがどっと出てくる時期でもありますし、
季節の変わり目で体調を崩しやすいです。
体が疲れている時には、内臓も疲れているので、腸の機能も低下してしまいます。
そうすると便秘にもなりやすくなり、さらに腸の機能が低下するという悪循環になることもあります。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ