落下腸マッサージをする時の注意点

am100 in014 512x341 落下腸マッサージをする時の注意点

落下腸マッサージは便秘改善に高い効果を発揮します。
だからこそ、マッサージを行うときには注意しなければいけない部分がいくつかあるのです。

まず、マッサージの二段階目です。
最初に落下腸を持ち上げるようにマッサージをしたら、次はS状結腸を刺激するようにツンツンと突いて行きますよね。
この動作は、落下腸の人には良いかも知れませんが、過敏性の便秘や痙攣性の便秘の人にとっては刺激が強すぎる場合があります。
自分の便秘がもし、刺激に弱い物なら突くマッサージはやめて置きましょう。

突く動作もいけませんが、素早くマッサージを行う事もお奨めしません。
マッサージは、ゆっくりと丁寧に撫でる事が大切です。
高い効果を実感したいから、沢山の刺激を与えたいからと言って、素早くマッサージをしないようにして下さい。

余りに早くマッサージをしていると、腸が緊張してしまったり、硬まってしまう可能性もあります。
ゆっくりと、体を温めるようにマッサージをしてあげてください。

最後に、マッサージの強さです。
強い刺激を与えればそれだけ高い効果を発揮すると思っている人も入るかも知れません。
しかし、マッサージで大切なのは丁寧に、労わりながら行う事です。
お腹が軽くへこむ程度の刺激が良いでしょう。

余りに強くマッサージをし過ぎると腸がびっくりてしまい、便秘改善に効果を実感する事が出来ないのです。

マッサージで大切なのはゆっくり丁寧に温めながら行う事です。
これらを気を付けて、落下腸マッサージをしましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ