高齢者は便秘に悩んでいる?

eca39dfc893a26ddd502014d3e958045 s 512x341 高齢者は便秘に悩んでいる?

若い頃は便秘になる経験が少なくても、高齢者になると便秘になりやすく悩む人も出てきます。
身体の筋肉の低下も原因となっていまして、排便をするには腹筋なども必要になってくるのですが、
その筋力が低下してきますので、十分な力が無い為に便が詰まりやすくなってしまいます。

また大腸の機能も低下していきますから、大腸の動きが低下して緩んだ状態が多くなると、
大腸内の物が移動しにくなってしまうのが問題になります。

大腸内に留まる時間が長くなりますから、それによって腸から水分が吸収されてしまいますので、
硬くなってしまうと移動しにくくなりますから、便秘になりやすい状態になるでしょう。

さらに、筋力の衰えと共に、内臓が下がってしまう事もありまして、腸の幅が狭くなり腸の運動が悪くなります。
寝たきりの状態になると、排便しようとする感覚が低下することで便秘になる事があると聞いています。

他にも薬の影響によって排便がしにくくなる事もあるでしょう。
これは市販の便秘薬などが、高齢者には強過ぎる事で体力を消耗してしまいますから、
結果として便秘を悪化してしまう事もあるそうです。
この場合は医師に相談しながら、便秘薬を処方してもらうと良いでしょう。
便秘に効かないからといって、必要以上に飲むのも良くありません。

家に篭りがちの高齢者ですと、筋力を使わない事で筋力の低下がありますから、
ある程度運動する事も大切になってきます。
足やひざが悪い人は、あまり無理をせず出来る範囲の運動を行なうと良いでしょう。

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ